あいの中で瞳輝くこどもの育成

園の方針

  • HOME »
  • 園の方針

「かほく あい こども園」は、社会福祉法人の設立理念である「敬・愛・信」の精神に基づいて、仲間との交流や協力関係を学び、他者を尊重し、愛し、信頼する心を育む保育を実践しています。
適切な環境を整え、好奇心や意欲、豊かな感性を楽しく伸び伸びと育み、また東北文教大学、短期大学部(旧山形短期大学)の教授陣から協力を得て地域に密着した温かい保育を行います。

こども園の特色
地域の多様なニーズに応えるため、教育、保育、子育て支援を総合的に提供し、延長保育、障がい児保育、休日保育を実施しています。さらに様々な行事や野菜作り等を通して、地域の皆様と密着した温かい保育、教育を展開しています。

環境
近隣には文化・伝統豊かな小学校や体育館、サハトべに花などが隣接し、田園地帯の緑豊かで閑静なところです。園庭には遊具や築山、菜園、夏にはプールを揃えています。園舎には「絵本コーナー」や厨房の様子が見える『ふれあい窓』があります。子どもたちを伸び伸びと育てるには最適な環境です。

保育目標
title01

目指す子ども像
kahoku_hoshin_title

こんな保育を
【健康で明るい子ども】
・外で元気に遊ぶ、残さず食べる、歯をしっかり磨く

【みんなと仲良く遊ぶ子ども】
・自由に伸び伸びと遊ぶ、友達と仲良く遊べる

【感性豊かな子ども】
・思ったこと、感じたこと、想像したことを いろんな形に表現できる
・見る、聴く、触るなど五感で遊ぶ
・豊かで丁寧な言葉を話す

 

PAGETOP
Copyright © かほくあいこども園 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.