あいの中で瞳輝くこどもの育成

園の方針

  • HOME »
  • 園の方針

「上山あい保育園」は、社会福祉法人の設立理念である「敬・愛・信」の精神に基づいて、仲間との交流や協力関係を学び、他者を尊重し、愛し、信頼する心を育む保育を実践しています。
適切な環境を整え、好奇心や意欲、豊かな感性を楽しく伸び伸びと育み、また東北文教大学、短期大学部(旧山形短期大学)の教授陣から協力を得て地域に密着した温かい保育を行います。

保育園の特色
地域の多様なニーズに応えるため、0歳児を含めた低年齢児保育を拡充し、延長保育、一時保育、休日保育を実施し家庭で育児中の方が活用できる子育て支援センターを運営しています。さらに、さまざまな行事や野菜づくり等を通して、地域の皆様と密着した温かい保育を展開しています。

環境
果樹園地帯の緑豊かで閑静なところです。園庭には遊具や築山、夏にはプールを揃えています。園舎には「絵本コーナー」やゆうぎ室から厨房の様子が見える『ふれあい窓』があります。子どもたちを伸び伸びと育てるには最適な環境です。

保育目標
title01

目指す子ども像
title02

こんな保育を
【丈夫な体つくり】
・天気のよい日は外遊び
・発達に合わせた運動遊び
・地域素材を活かしたおいしい給食

【みんな仲良しお友達】
・縦割り遊びや表現遊び
・みんな一緒に楽しい歌
・なかよしお弁当の日

【地域の自然に親しむ】
・歩行やお散歩車等で地域を散策
・土と親しむ花と野菜の栽培
・季節感のある遊び

【広がる連携の輪】
・保護者と一緒に楽しい子育て
・地域の方々との季節の行事
・小中高生や大学生の学習の場

PAGETOP
Copyright © 上山あい保育園 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.